着物を腰揚げする方法

着物を自分の身長に合わせるために腰揚げしたいと考えているなら、まずは腰揚げしたい分の長さを測りましょう。

背中心から待ち針までの長さも測って、その真ん中にさらに待ち針を打ち、待ち針から裾までの長さを測り、衿や脇、おくみ部分にも同じ長さで待ち針を打つのです。

腰揚げを行う分の半分の所で左右の部分に待ち針を打ち、左の前身頃の衿部分にも同じように待ち針を打って、腰揚げしたい部分や衿などに待ち針を打ち直しましょう。

待ち針の高さを揃えておいたり微調整を行ってから、二枚が重なっている部分から縫っていきますが、初めの部分は返し縫いをしておきましょう。

待ち針の刺さっている部分に縫い糸をかけて、まっすぐの状態で待ち針を打ち、縫い進めていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る