子供向け着物、肩上げする方法

着物は自分にぴったりのサイズを着こなすことが大切ですから、今回は肩上げの方法についてご紹介いたします。

背中心と脇線の真ん中の位置に待ち針を刺したら、帯揚げしたい部分の半分の長さをそれぞれ測って待ち針を刺しておきましょう。

外側の待ち針から枠線まで測ったら、さらに袖付きの位置でも待ち針を打ちましょう。

待ち針から上げ寸法を測って待ち針を打ち、着物の表側に返したら、上げ寸法の位置で待ち針を打ち直しましょう。

二本どりの糸は着物と同系色の色合いを用意したら、縫い糸を待ち針の下に引っ掛けて数センチ程度の感覚で二目落としという方法で塗っていきましょう。

縫い終わりの部分は縫い返して、子どもなどでも着やすいようサイズを調整してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る