夏に着物を楽しむ方法

夏にも着物を楽しみたいなら、涼しい着物を着て快適に夏を過ごすのがオススメですから、涼しく着物を着る着方についてご紹介いたします。

まずは足袋を履いて、和装ブラとショーツを着用した状態で、裾除けから着ていきますが、歩きにくくならないよう足が見えてしまわないよう気をつけて腰の位置に合わせて、着物と同じように左前が上になるように被せると良いでしょう。

次に襦袢を着る際には、緩めに着ないと衣紋から見えてしまいますので注意して、腰紐などで軽く締めてからシワをきちんと伸ばしておきましょう。

袖部分を美しく見せたいなら、替え袖などを活用して着ておくと良いとされていますが、マジックテープか安全ピンなどで固定しましょう。

長襦袢を着てしまうと暑く感じる事が考えられますので、夏はセパレートの襦袢がオススメなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る